May 28, 2011

【家づくり】「岐阜の注文住宅2011年春夏号」と家具たち

そろそろ次号が出そうな感じで
すっかりタイミングを逃しておりますが
3月19日発売の
●リクルート「岐阜の注文住宅2011年春夏号」
に、お家が少し掲載されております。
あ、お家紹介とかではなく、工務店さんの施工例です(笑

さて、昨日、ひさしぶりにお家に訪問客があったりして
ひさしぶりにお家のことを思い出したので(汗
やりかけでした「森のくじらのお家」ブログ(いや、本当は
ポックルモックルのブログですが・・・)の家具を更新
しました。

こんな子たちとともに暮らしております。
*森のくじらのお家:ポックルモックルな家具*

なんか、こんな家具・インテリアが欲しいな~
創りたいな~などあればお気軽にご連絡くださいましー。

| | Comments (3)

December 24, 2010

*森のくじらのお家:引っ越しハガキとサプライズケーキ☆*

さてさて、家づくりシリーズまだ何かと
つづいておりまして。

今回は引っ越しハガキとそして
サプライズケーキ

何よりサプライズケーキには、ぼくも
びっくりでした(笑

↓詳しくはこちらでどーぞー

*森のくじらのお家:引っ越しハガキとサプライズケーキ☆*

| | Comments (2)

October 22, 2010

【家づくり】引き渡し式

さて、すでに10日間くらい時は過ぎましたが
家づくりの最後の行事「引き渡し」のお話を
UPしました。

なんだか、もう遠い昔のような気がしますが
あの日のひだまりは忘れません。

*森のくじらのお家:引き渡し式*

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2010

【家づくり】玄関ホールがほぼできちゃった。

さて、ということで、昨日も
現場に行ってまいりました。

建具です。いよいよ建具が入ります。
到着すると、格子窓の向こうに建具の姿が
ちらり。

あっ!!!!!!!!!

つづきは、さかのぼって玄関の
できるところからどうぞ~

*森のくじらのお家:玄関 その1(玄関の壁)*

| | Comments (2)

September 24, 2010

【家づくり】いよいよ、外観を公開!

さて、もったいぶって
外観の写真をUPせずにいましたが
思いきってUPしちゃいます。

*森のくじらのお家:お家の外観 その1(土地~建前)*

その4までありますよん。

| | Comments (8)

June 01, 2010

【家づくり】可児ガラス工房

さて、祖母が急逝し、結局、その日は
帰ったのが朝6時くらいでしたが、

前から、ちょっと家がらみの件で
打ち合わせ予定があり、
14:00からの予定だったんで、
どうしようかなーと思っていたのですが
午前中寝れば大丈夫かなーということで

車で1時間ほど、びゅーんと走って
可児までいってまいりました。

---
行った先は、こちら
●わくわく体験館
http://www.city.kani.gifu.jp/link/wakuwaku/index.html

で、この中でガラス体験などを主催している
「(有)可児ガラス工房」さん

とお話をさせていただきました。


そもそも、可児ガラス工房さんに行くことにしたのは
部屋のドアにつけるガラスを何かできないかなー
と思っていて、形だけ変えるのもなーとか考えて
いたときに、ふと10年ほど前に、このわくわく体験館に
いったことを思い出したんです。


で、そん時にやったのがサンドブラスト(詳しくは検索してください(笑)
でして、それのイメージで進めようかと思って
いたので、予算とかお話を聞かせていただくことにしました。

ヒゲがすてきな社長さんにお相手いただきまして
イメージ図みたいなものはありますか?と聞かれて
ないです・・・と。う~ん、、そうですか・・と。

あ、このやりとり、そういえば、自分も逆の立場で
経験ありますあります(笑 すいません・・(汗
という感じでした。
(と、ともに自分ももっと優しくしなければ、と。)

でも、ちょっとガラスって何ができるんだろうというのが
知りたいというのもあったので、
社長にその話をして、色々な技法やサンプルなど
ガラスの可能性をたくさん見せていただきました。


そこには、今まで自分の知っている範囲で
考えていたよりも、もっともっと広い世界がありました。


「ガラスは自由」

なんですよ。

ということで、よりイメージの許容範囲は
広がったので、子供たちがガラス体験している
間にイメージがだいぶ落ちてきたので
それを、もう少し練ってかためていこうかと思います。

とりあえず、目の前の仕事を終わらせてからですが(汗


それはさておき、
本格的な講座から、簡単体験までガラスの世界に
触れれる楽しいところですので、ものづくりが好きな方は
ぜひどうぞです。

ちなみに、現在、家は、もうすぐ外観の壁が貼られます。
外から見ると、ほぼできあがったような感じになることでしょう。

中は、現在棟梁さんがコツコツ毎日一人でつくってくれています。
棟上げや要所要所は別にして、あとは一人で家をつくって
いくんですよ。ほんと、すごいです。いつもありがとうございます!

そして、家具はデザイン終わったので、
家具工房Beewalnutの近藤さんが創ってくれます。

そして、今度はガラスです。

家づくり、何より、ほんとにこうして、ひとつひとつ
色々な人の魂にふれられるのが楽しいです。

少しずつ少しずつ進んでいきます。


| | Comments (2)

May 01, 2010

【家づくり】なぜ家づくりをすることになったのか。いまさらプロローグ。

さて、なんか今書かないと忘れてしまいそうなので
今カキマス。

■オクサンが本を買う 2008年12月頃

さかのぼること、それは
2008年の冬。うちのオクサンがなぜか家がほしいとか
なんとか突然言い出して、岐阜の工務店がのった家の
本を買ってくる。

このヒトは突然学校の教師になるとか
よく突然行動を起こすので
ビクビクしつつ、家を買うとかそんなことは頭になかったので
ふーんと聞いてました。

でまあ、資料とりよせたのを見たりとかはしてたんですが
やっぱり、ぼくの中にそんな気がなかったので、ふーんと。

■お家を見学 2009年5月頃

で、近くの完成見学会とか、いったりして、ああ新しい家は
いいなーとはさすがに思いました。今までずっと古い借家を
転々としてきたので。

そして、見学シリーズの一環として、
可児にある弘栄工務店さんのモデルルームへいってみました。
とても、いい雰囲気のお家でした。対応していただいた
スタッフさんもハウスメーカーさん的対応ではなく
自然な感じで。

家はいいなとは思いました。
でも、ぼくはまだこの時点ではふーんだったんです。
いやあーお金とかお金とか、あとはお金とか
まぁ、色々あるじゃないですか。お金とかね。

つまり、それをつき動かすだけの動機が自分の中に
まだなかったのです。

■転機

で、たぶん、その日の帰りのくるまの中で色々
どうするーこうするーみたいな話をしていて
あることに気がついてしまったんです。

「弘栄さんなら柔軟に希望聞いてくれそうだよねー」
「あー、うん。」うん??

家って、そうか創るものなんだ。
ツクルモノなんだ。
ツクルモノなんだ。ツクルモノなんだ。
ツクルモノなんだ。ツクルモノなんだ。ツクルモノなんだ。

なんとなく、お金を出して新しい家に住みたいか?
という問いかけをずっと自分にしてきていたので
きづかずにいたのですが、分譲じゃなく家を建てる
ってことは、家を創るってことなんですよね。

そんな、面白いことやらないワケにいかないだろ。

ギギギギギギィどかーーーーーーーんと
ここでぼくのココロの扉は大きく開かれました☆

■苦行

さぁ、ここからは、そのために背負うた苦行のはじまりです。
「土地」と「お金」。

とりあえず、こういう時は本に頼るしかないので
本を買って読んでみる。
●土地はできるだけたくさん見てみましょう。
●ローンはうんたらかんたら。
挫折。。。。。

あー面倒。もーイヤ。やりたくない。
そんな気持ちになりつつも、ぼくの脳内でもコビト
たちが家のデザイン画をかきはじめています。
今、このコビトたちを見捨てるワケにはいかない。

そんな気持ちで足をなんとか前に進めます。

■ローン

とりあえず、家を買うお金なんかあるワケないんで
借りなくてはですが、とりあえず個人事業者は
敷居が高い。不安定なヤツにゃ金なんか貸せるか
ってワケです。そりゃそうだ。

で、ある程度予算を決めて
ローンシュミレーションとかするけど、なんか
赤信号マークとか出てますよーという感じで
色々な金融機関をめぐって、面談したりなんとか
して(いや、ほんとは1件だけ。)
一ヶ月ほどあああこうだ重い感じで日々が過ぎます。

■土地

さて、土地探し。何より面倒くさい。
とか言ってちゃダメなんですが。。。
この頃は、娘の今の学区内で探す予定だったんで
色々な不動産屋さんを巡って情報を集めるも
予算的に厳しかったりとか、
あーいいなーと思ったら、もう他の方が先に交渉
されていたりとかして。

でも、なんとか目星もついたかなという感じで
(正確には、もう現状から選ぶかーって感じ)
工務店さんにも土地を見ていただく。

さすが、本職、風の流れや太陽の動きなどもろもろの
観点から見てくれます。

なんか、今まで土地ってモノって感じで見てましたが
この頃から、なんだか生き物っぽく思えてきました。
こうして、気がつけば
自分たちでも、まためぼしいところを見つけては
探検気分で見にいって、あーここは風がーとか
ここはこうだけど、ここはなーとかまるで専門家気取りです。

でも、なんだか土地探しがとても楽しくて
毎週のようにどっか行ってましたね。

■土地見つかった!? 2009年7月

さて、夏です。同時進行していたお金の話は
なんとかなんとか、貸していただけるところが
見つかり、未来のことは別にして、とりあえずの
予算は組めそう(仮審査)ということになり、
より本腰を入れて、土地を検討した結果、
とある土地が場所的にも広さ的にも、想定範囲かな
ということで、ほぼここにする気持ちが高まりました!

それで、色々進めようとしていた矢先、
ひとつ気になることが。
この電柱の支線は?
電柱を引っ張っているワイヤーが家のまん前。
駐車場予定のところにあります。
わりと、動かしてもらうことはよくあるようなので
中電さん・NTTさん・工務店さん・不動産屋さん
集合して、現場で検討・・・・・
なにやら不穏な空気。

・・・・結局、支線は動かせず。
その後、工務店さんのお話をしましたが
ここはやめたほうがいいと忠告をいただく。


■挫折

結果的には、この忠告は本当にありがたかった。
ただ、この時は色々探して探して(と言っても自分比だけど)
見つけた土地だったんで、それが消えてなくなったことに
呆然として、その後、目新しい物件情報もなく
あーやっぱり家なんか建てれないんだよ、ぶーと
ふてくされた日々を送る。気持ちものらず。

■なぜか羽島 2009年9月

とかしてたら2ヶ月くらい時は流れて
少し落ち着いて、まぁ、転校はやむをえないかという
結論を出す。さいわい、ぼくもオクサンもどこに
行っても仕事はできるので、どこでもいい。

で、調べたり、聞いたりしていて
予算的にお値打ちな情報を得る。
それが羽島だった。

うむ。ここなら、なんとか予算ないで、キュウキュウじゃなく
ちょっと気持ち余裕を持てる広さが確保でける。

ということで、工務店さんに相談すると
工務店さんの方で知り合いの方を通じて
土地を紹介していただけることになった。

と、ここまでくれば、もうあとは決めるだけです☆
(そうなのか?でも、そうだったのです(笑)

何件か土地を見せていただき
予算や周りの環境など色々考えて
結局、今の土地を選びました。

■土地購入 2009年11月


色々な書類を用意したり、工務店さんや
不動産屋さんと打ち合わせをしたり。

で、ここでまたお金の話ですが、仮審査が通っただけ
なので図面等出して本審査をしてもらわねば
いけません。

これも、またドキドキでしたが
なんとか通って無事予算は確保。

こうして、ようやく、思いつきから1年ほどして
土地までたどりつきました。

ということで、ここから先は、こちらにつづきます。
http://morinokujira.cocolog-nifty.com/tawagoto/2009/11/post-f1b5.html

しかし、なげーな(笑

| | Comments (3)

【家づくり】ドアとか窓とかね。

さて、そんなこんなで家の大枠はできちゃい
ましたが、このままでは機能しないので
色々なものが組み込まれていきます。

Ima01
屋根には銀色の瓦がつきました。
瓦ですが、純和風ではない瓦です。

Ims02Ima03
こんな丸い窓や、ドアなんかがついておりました。

どんどん家らしくなっていきます。

Ima04
ベランダからの景色。山が見えるのは何よりうれしい。
たまにはベランダに出て息抜きしよう。

今日、また打ち合わせがあり、メインの壁でちょっと
変更しなくてはーな部分ができたので
急遽デザインを変更。でも、こうしてみると
こっちのほうがいいかなーという感じなので
できあがりが楽しみ。

この部分のために、創っているといっても過言では
ないので、またここは最後にお披露目します。

番外編。

ついでに近くの農道をお散歩しました。
Ima05
レンゲ畑。

Ima06
お休み中のハス畑。

ゆったりとした空気の流れるところです。
散歩を日課にできたらいいな。

| | Comments (2)

【家づくり】棟上式

さてさて、3月に赤子が産まれ、仕事も200Pものとか
175Pものとかやっていたら、家の話は地鎮祭で
とまっちゃっていたので、ようやくUPです。

■基礎 3月20日ごろ

さて、地鎮祭も無事終り、いよいよ基礎。
人間も家も基礎が大事ということで、
きっちりと基礎を作っていただきました。

基礎だけでも、家の間取りが大体わかるので
あーいよいよ家が建つんだとじわじわと思ったもんです。

Kiso1
右スミにコビトが写ってますが悪いコビトではないようです。

Kiso2
迷路のような針金の国。

■棟上式1日目 4月15日

さて、赤子も産まれて一ヶ月ほどすぎた頃
ついに棟上です。今まではほぼ平面に
近かったものがついに高さができて立体物に
変わる瞬間です。

初日15日は早朝より、作業開始。
本当は早朝より行くとよかったんですが
(いや、絶対いったほうがいいですね。ここは)
仕事の絡みもありヘロヘロでしたんで
なんだかんだとAM10:00くらいに現場に到着。
すると

Mune01
わーもうできている!!!!!!
すでに1階の柱はすべて立って、2階の柱を建てて
いるところでした。はやっ!

と、ここで大工さんに集合いただき
一応、施主として、よろしくおねがいしまーす
みたいなことを言う。

そして、ふたたび作業開始。
この日は4月だというのにさむーいさむいー日。
赤子も連れていっていたので、みなで
申し訳ないけど、クルマの中より見学。

Mune02
大工さんたちの熱い魂が家に注がれていきます。

Mune03
こんな部材が手際よく組み建てられていきます。

Mune04
部材はクレーンで2階に運ばれます。

Mune05
2階の横の柱もだいぶ組みあがってきました。
AM11:00くらい

Mune06
屋根のカタチが見えてきました。
AM11:30くらい

Mune07
屋根にもほぼ板を張り終わり。雨が降っても安心です。
PM3:00くらい

ということで、正直ずっとその場にいても退屈して
しまうかななんて思ってましたが(失礼。)
どんどんできていくその姿に飽きるどころか
ほぉーほぉーという感じで釘付けで
1日でほぼ家のカタチができあがっちゃいました。

■棟上式2日目 4月16日

この日はあいにくの雨。
で、また仕事に追われ、結局この日も
夕方ギリギリに現場に到着。

雨を想定し、前倒し作業していただいていたので
ベランダ周辺や、屋根などもあとは瓦のせるだけ
くらいになって、棟上予定分完成!

Mune0201

Mune0203
2階は屋根が見えるよ。

Mune0202
完成と、工事の無事完了を祝って
大黒柱の周りで棟上式。

こうして、2日間でもう、すっかりそこには家が
できちゃいましたね。
ホント、もうびっくりです。

なんというか、いまだ実感なしです!!


| | Comments (2)

February 22, 2010

【家づくり】地鎮祭。

赤子のことやらなんやらあるので
つい家を建てていることを忘れてしまうので
UPしときます。

1週間前ほど前になりますが2月13日(土)に
地鎮祭をおこないました。

01
02
03

ちびっこたちも一丁前にそれっぽく
頭を下げたりなんかして。

個人的には、特定の宗教とかはありませんが
なんかこういうものって結局、神をあがめるとか
そういうんじゃなくて、家を建てるにあたって
ケガ人など出ないように無事建ちますようにとか
これから、ここで住んでいくぼくらがのんびり
暮らせますようにとか、そういう想いの時間だと
思っています。

あとは、ここの土地に過去そしてはるか未来
どんな人・自然が流れていたのかいくのか
なぁなんてことに思いを馳せてました。

そんなこんなで、四方に家族みんなで塩とお酒を
まいたりして、地鎮祭も無事終了しました。

そして、その後、ついに契約。

ようやく、スタート地点にたちました。

今までは、机の上の世界だったものが
いよいよ少しずつ、目に見えるカタチへと
変化をしていきます。

| | Comments (2)