« ■【生活・しかけ絵本】 『チャイルドブック・ゴールドみんなともだち  連載「せいかつ・マジョせんせい」 2015年5月号 | Main | ■ぶんけい【学習シール】2014年版・2015年版 »

May 30, 2015

■ラクガキモノ:HON

150530hon


最近はあまり思うことを書くことをしていなかったけどたまには書いてみます。

近くに新しくできる本を扱う施設で不要になった本をドミノにして倒して遊ぶという記念イベントがあるようで、その話を聞いてから色々かんがえてます。

純粋に「本を倒してドミノにする」という行為自体に本にたずさわっているものとしては違和感を感じます。
本は倒して遊ぶものじゃなく読む(見る)ものだからね。
前にイタリアンのお店で洋風絵本の本文に
ペタペタメニューを貼ってかわいい風にしてあったのと同じ違和感を感じました。

ただ、ふと思ったのは「ピタゴラスイッチ」ってあるじゃないですか。
あれでも「本」が装置の1部として使われることがあるなあと。

じゃあ、あれに対して「本で遊ぶなんて!」て思うかなと。
少なくともぼくはそれは思ったことがない。
これはなんだろうと。
あれは、色々な日常の道具が装置として活躍しているからそう感じるのだろうか。
あれ全体がひとつの作品だからそう思うのだろうか。

そういう視点でみればドミノも似たようなものではないかなと。
表面的にはそう思うものの、でもきっと違うんだろうなと。

なんというか「愛」なのかなと。

わかんないからイメージでしかないけど
「ピタゴラスイッチ」作っている人は装置たちを愛しているように感じる。
では、ドミノの人はどう思っているだろう。
不要な本を使ってそれをコマにしておもしろい風なことをしてますよ。
なのか、この1冊1冊の色々な思いが詰まった本が動いていく流れを味わいたいと思っているのか。それはわからない。

数年前に自分の今後の方向性について考えていたときにやっぱり「本」が好きなので「本」を中心につくっていきたいなって思ったんです。
なんで、こういう話を耳にして、あらためてドミノのコマとかにならないようなおもしろい本をつくっていけたらいいななんて思いました。

ちなみに「不要な本」提供されている方々には愛を感じるんだよね。
捨てようと思えばいつでも捨てれるものだけど、なかなか捨てれずに
じゃあ何かの役に立つのならというので今回提供されている気がするので。
まあ、これもあくまでもイメージですが。

話戻りますが、ドミノ制作の過程で「本」に愛着をもった企画者・参加者さんたちがドミノに使った本を持ってかえり会場には1冊の本も残らないなんてオチがあったらいいね。
(実際は古本屋さんに売って施設のお金になる予定)

----------------------------------------------------------
そう、この話はあくまでもぼくの主観でしかないので議論はしませんし、賛同者を求めて盛り上がりたいというわけでもないのです。そんなことを思うから最近はネットに書いてなかったんだね、と思いました(笑)

|

« ■【生活・しかけ絵本】 『チャイルドブック・ゴールドみんなともだち  連載「せいかつ・マジョせんせい」 2015年5月号 | Main | ■ぶんけい【学習シール】2014年版・2015年版 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■【生活・しかけ絵本】 『チャイルドブック・ゴールドみんなともだち  連載「せいかつ・マジョせんせい」 2015年5月号 | Main | ■ぶんけい【学習シール】2014年版・2015年版 »