« 【ママイラスト】赤ちゃんとママ社『1・2・3歳 2012 Spring』~連載:サロン・ド・アン ドゥ トロワ~ | Main | 企画展『ポトッコモユラの森の箱』/同時開催『四人の絵仕事展』 »

May 09, 2013

【迷路・しかけ絵本】チャイルド本社『(スーパーワイド迷路えほん ことばとかず2)かいぞくフライパンせんちょう』

さて、みなさんは名神高速道路で名古屋方面から大阪へと向かう時に「黒丸」という地名を見て「うっ・・・黒丸・・・・」となりますか?
そんな海賊好きなみなさんにお知らせです。

いや、そんなマニアな人向けではなく
海賊も迷路も絵本も好きなみなさんにお知らせです。

ついにできました!!!
2012年の後半に色々迷いの中にいた時に
どっぷりと力を注ぎこんだ絵本。
ぼくの2012年末時点での集大成です。
Furaipan_h
●チャイルド本社『(スーパーワイド迷路えほん ことばとかず2)かいぞくフライパンせんちょう』

さて、物語はボロボロのレストラン「かいぞくてい」から
はじまります。ここでアルバイトとして働く「フライパンせんちょう」。
そんなせんちょうがある日、かべの絵の下から「トリトリーとう」
の宝の地図を見つけます。
今はしがないアルバイトをしているせんちょうですが
若い頃にはいくつもの海を渡り歩いた海賊です。
早速海賊船長服をはおると、トマト・クタクタ・トラヒゲの3人の
おじさん仲間とともにフライパン号にのって海へ!

はたして「トリトリーとう」の宝とは何か?
無事、フライパンせんちょうたちは宝をGETできるのか?

フライパンせんちょうとともに冒険の旅に出よう!


ということで、冒険の旅の途中では数字の迷路や
穴あきのしかけや、トリトリーとうの鳥の図鑑などなど
色々な小ネタももりもりだくさんの楽しい絵本です。


月刊絵本なので、残念ながら現時点では一般書店には
並びませんが、amazon等では販売中なので
みなさん是非楽しんでくださいね~!!!!!!!

----

さて、ここからは制作についての話。
そう、ちょうど、この絵本の話をいただいた時は
色々と迷っていたのです。これから何をしていこうか。
やりたいことってなんだろうな。って。
特に自分の中でずっと迷っていたのが
今やっているこども向けの楽しいお仕事と、
らくがきもので描いているようなシンプルな線のもの
どちらに向かうべきなんだろうかと。

そんな中で、この絵本にどっぷりと半年近く
取り組みました。前にも別のところで書いたけど
根本的にはぼくは集中力がないので、細かいものを
ぎっしり描くのが苦手なのです。
でも、迷路です。しかもサイズも大きいです。
なので、色々とこまごまと描かねばなりません。
こまごまこまごまと描いているといつまでも終わりません。

大変です。いつ終わるんだろう。とは思うのです。
でもね。楽しいんです。少しずつ少しずつ世界が
つくられていくのが。そして、それを乗り越えて
ひとつの場面ができあがっていくのが。

特に今回は自由にのびのびと描かせていただけたので
よし、ここにはこんな子を入れよう、よし、ここはちょっと
怪しい雰囲気にしようとか、まさに自分のコンセプトで
ある落書きをしている感覚で楽しんで描くことが
できました。

そして思ったのです。
あらためて、本づくりって楽しいな~って。
やっぱり本をつくっていきたいなって。
何もラクガキモノの方に無理にシフトしなくても
いいじゃないかって。それはそれでやればいいし
これはこれでやればいい。
簡単なことではあるんだけど、
ずっとどっちかにしなくちゃって思っていたので
ようやくその時に霧が晴れた気がしました。

あと、ちょっと話しは変わるのですが
ちょうど、この話をいただいた2012年の夏頃に
はじめて「きいやま商店」を知ったので
CD3枚を買って、この絵本の時のBGMは
もう「きいやま商店」!ということで、作業中
ずっとヘビロテで聞いてました。
今回の舞台も南の方の島なので、やんばるの森を
探検した時の雰囲気とか、きいやま商店の
楽しげなリズムとかもこの本に封じこめてあります。

トマトが持っているのは三線ではなくウクレレですけどね(笑)


さて、そんなこんなのおじさん達の冒険。
「かいぞくフライパンせんちょう」
ぼくの冒険もまだこれからなのかも知れません。
宝はどこかにあるのかな。

|

« 【ママイラスト】赤ちゃんとママ社『1・2・3歳 2012 Spring』~連載:サロン・ド・アン ドゥ トロワ~ | Main | 企画展『ポトッコモユラの森の箱』/同時開催『四人の絵仕事展』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【ママイラスト】赤ちゃんとママ社『1・2・3歳 2012 Spring』~連載:サロン・ド・アン ドゥ トロワ~ | Main | 企画展『ポトッコモユラの森の箱』/同時開催『四人の絵仕事展』 »