« 【絵本】チャイルド本社『食育えほん5 アイスクリーム』 | Main | 【CMアニメーション】 北海道大学 理学部 生物学科(高分子機能学)公式ウェブサイト  アニメ 3分でわかる高分子機能学 »

August 10, 2011

【保育イラスト】ひかりのくに『保育とカリキュラム』2011年度 ■連載『保育者スキルアップ塾』9月号

さてさて、最近はまた暑さがどーーーーんと
やってまいりましたね。
先日プールにいったら、ラッシュガード忘れて
赤鬼のような体でヒリヒリして泣きそうな日々です。


さて、ひかりのくに『保育とカリキュラム』は
一足お先に9月号で、運動会の取り組みでのエピソードです。


●【保育イラスト】ひかりのくに『保育とカリキュラム』2011年度 ■連載『保育者スキルアップ塾』9月号

運動会ごっこから逃げ出して、滑り台の上から
ながめている4歳児のSくん。
さて、こういうときどんな風に対応します?

「保育」という枠での話ではありますが
毎回、育児、いや、ひいては大人にあてはめて
色々と考える良い機会になってます。

人の気持ちってのは色々と複雑ですね。


|

« 【絵本】チャイルド本社『食育えほん5 アイスクリーム』 | Main | 【CMアニメーション】 北海道大学 理学部 生物学科(高分子機能学)公式ウェブサイト  アニメ 3分でわかる高分子機能学 »

Comments

S君。。。
運動会の練習が憂鬱で逃げてるだけかもしれないし、「どした?」って誰かに優しく声をかけて欲しいのかもしれない。いずれにしても実際に見てないので、真意は分かりませんが、どっちかっつ~と前者のイメージが強いですん。

Posted by: かのや・くがわ | August 10, 2011 at 04:11 PM

>かのや・くがわさん

記事の中では、保育者が求めるここまでやってほしい、ということに対して自分はできないからやりたいけど・・やりたくない!という内容でした。
うちの子とかでもそうなんですが、やりたくないというのは、けして嫌いという意味ではなく、やりたい気持ちはあるけど、できないからイヤだ、失敗したらイヤだからってことがよくあります。
それさえも、ただその気持ち1点のみでなく、他の気持ちも複雑に絡んだりするだろうし、ほんと子供に関わるお仕事をされている方は大変だろうなと思ってます。


Posted by: 森のくじら | August 10, 2011 at 04:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【絵本】チャイルド本社『食育えほん5 アイスクリーム』 | Main | 【CMアニメーション】 北海道大学 理学部 生物学科(高分子機能学)公式ウェブサイト  アニメ 3分でわかる高分子機能学 »