« うすら笑いの男。 | Main | 【連載イラスト】「保育とカリキュラム3月号」「キンダーブックじゅにあ3月号付属冊子」のことをつらつらと。 »

February 14, 2011

さがしもの。

年末くらいからさがしものをしていて
その頃はどちらかという、ぽっかりと
あいてしまった穴をうめるために
という感じでしたが

今は、なんというか、目を細めて
道の先を見るような感じで
さがしものをしています。

昨日読んでいた本で
科学的に地動説(地球が太陽のまわりを
まわっている)が真実となっているが
自分達からは、太陽がのぼって沈んでいく
(天動説)のが見えているものであり
「見たまま」それが真実ではないのか。
という話がありまして

また、その前に家で話しをしていたときにも
「自然」という言葉が出てきたのですが

あるがまま

なんか、そういうこころもちで
世の中をきちんと見ていくこと感じていくことが
これからやっていくべきことでは
ないかなんて思っています。


とりあえず、この3年を自分の
ひとつの転機として考えてますが
さて、この3年で何ができるか。

それは、ぼくにもわかりません。

さて、ぽつぽつ歩いていきましょう。

とりあえず、いそぎの仕事をしましょう。

|

« うすら笑いの男。 | Main | 【連載イラスト】「保育とカリキュラム3月号」「キンダーブックじゅにあ3月号付属冊子」のことをつらつらと。 »

Comments

あるがまま
いい言葉ですね(*´∇`*)
自然体とか
感じるままとか
私もとっっても大事だな〜って
思っていまーーす。

Posted by: ぼっち | February 14, 2011 03:10 PM

私は、自然に流れていくことにしています。
考えて、がんばった時もあったけど、
自分にはあんまり向かないって気がついたから。
目の前にあることを大事にします。

Posted by: ひなた | February 14, 2011 03:28 PM

>ぼっちさんへ

どうしても色々なことを考えたりはしてしまうけど、極力、自分の中にあるまっさらなものをというのをさらけだせるといいかななんて思ってますー。

>ひなたさんへ

そうですね。なんというか、自分自身の存在自体に関していえば、自分の足でガシガシといきたいとは思っているのですが、
ものの見方に関しては、ひなたさんと同じく、考えることにとらわれてしまうよりかは、もう少しその本質のあるがままを受け入れるようなこころもちでのぞめればなぁなんて思ってます。

Posted by: 森のくじら | February 14, 2011 04:13 PM

あるがまま・・・
片や「なすがまま」なんてぇ言葉もございますな。
自分の意思で生きているようで、実は家族も含めて周囲の色々なしがらみだったり、環境だったり、立場だったりの中で“生かされている”ようにも思え・・・

Posted by: かのや・くがわ | February 16, 2011 04:01 PM

>かのや・くがわさん
こんにちはー。
そうですね。あるがまま、となすがままについて、もやもや考えてみましたが、違うようで同じような部分もあるんじゃないかなって思いました。

というか、違う断面で同時に存在しているものなのかな、と。
どちらのカメラアングルから撮るのかみたいな違いでしょうか(笑

なんだか、よくわからなくなってきましたが、感謝の気持ちは持ちつつも、ぼく自身としては、やはり自分の足で一歩一歩歩いていく実感は感じていきたいなあとは思っています。

Posted by: 森のくじら | February 16, 2011 04:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« うすら笑いの男。 | Main | 【連載イラスト】「保育とカリキュラム3月号」「キンダーブックじゅにあ3月号付属冊子」のことをつらつらと。 »