« つむぎだす言葉。 | Main | 落ちる。 »

July 08, 2010

日記へのこっそりとした返信(笑

ちょっと、とある方の日記に反応して
コメントしようと思いましたが、長くなりそうなので
自分のブログにて(笑

なので、ちょっと意味がわかりにくいかもですが
勘弁してください。

----

もちろん色々な人がいるとは思いますが、基本的には
編集者さんディレクターさんも、制作者さんも同じものを見ているんじゃないですかね。
その視線の先にいるのは、
いつだってエンドユーザーさんだと思います。
それがない制作者さんには本質がないし、

関わる人の時間・お金をきちんと管理できない
編集者さん・ディレクターさんは、役割をきちんと把握できていない人
ではないかと思いますね。

----
やっぱり、みんないいものを創りたいと思ってがんばってますよ。

でも、制作者サイドで言えば
残念ながら、安く叩かれたりとか、理不尽な修正があったり、

発注者サイドで言えば、
納期を守ってくれなかったり、コンセプトをきちんと
理解してくれなかったり

色々なことがある中で、なんか対立関係のようになって
しまうこともあるような気がしますが
シンプルに考えれば、ひとつのプロジェクトチーム内での
役割分担なので本来なら向かう方向はひとつであるハズ。
(それぞれが抱える自己課題は別にして)

やっぱりなんだかんだ言って
みんないいものを創りたいんじゃないですかね?
そうじゃないのかな。どうなんだろ(笑

みんなってくくりにすると、色々な人がいるので
自信がなくなるけど、そうであって欲しいなと
いう願いも込めて☆

で、その目的達成のためにも、
もろもろ大人の事情はあれど、極力、スケジュール・内容・金額に
関してはくっきり・はっきりしておくことが発注側の仕事かと。
で、その時間をしっかり守り、内容をきちんと理解し、
金額に見合う価値を生み出すのが制作サイドの仕事かと。

なんで、

「主体的に仕事をすること」と「タイムマネジメントにシビアになること」
は、フリーランスにとっては、やはり両方とも背負っていくべき
運命ではないかと思います。

なんて。
ま、こういうものは理想論ですね。
妄想ですよ。戯言ですよ。

日々、仕事していると、そうも言ってられないですよ。

という気持ちもみなさん色々あるかとは思いますが
理想論というぬるま湯につかりながら
生きていくのも、またここちよいのではないのかなと
偽善者のぼくはそう思います。


いいもの創りたいね。

でも、100円ではできないよ。

|

« つむぎだす言葉。 | Main | 落ちる。 »

Comments

出版業界ではピヨッコですが、
繊維業界は永いので、物造り繋がりって事で
コメント許してねf(^_^)
いっぱいいっぱい関西では、
糸偏がつぶれまくっていますが
やっぱり残っているのは
物造りを大切に考えてる会社かなー
すべてに愛が大切ってことなのかな、
愛があれば、100円なんて言えましぇ〜ん(^o^)丿
なんかいっぱい端折っていますが
長くなるので、これにて、ドロン

Posted by: 私も偽善者ぼっちです。 | July 08, 2010 11:32 AM

何の仕事でも基本的には
変わらない気はするんですよね。
フリーランスの方が会社組織
背負っていない分、理想論をかかげて
しまい暴走しそうになりますが
暴走しない範囲であれば
やっぱ愛が大事ですよね。

きれいごとバンザイですψ(`∇´)ψ

ぼくも長くなりそなので
これにて、ドロドロドロドロドロ。。。

Posted by: 森のくじら | July 08, 2010 11:43 AM

勇気づけられました。
というか、森のくじらさんには、いつも勇気づけられてばかりですが…(汗)
こちらからも何かおかえしをせねば、ですね!

こちらからお願いをする時は、制作者サイドに立った視点で、
自分が制作者の場合は発注者サイドに立って考えたり見たりするようにしていますが、それぞれの立場において、きちんと責任を持って、プロジェクトのみんなが同じところに向かって良い物を作っていけたらすてきですね。

まわりにはいろいろなフリーランスや発注者さんがいて、残念ながら、中には
「要は金ですよ」の制作者さんがいたり
「安く買い叩く。極限まで走らせる」発注者さんがいたりするように思っています。

もちろん、その考えが、その人の考えのすべてを締めているわけではないでしょうが、お互いの立場を理解して、気持ちよく、そしてより良い物作りのために協力していければいいのになーなんて思います。
もちろん、くじらさんのように、こちらの状況のすべてを見抜いて理解してくださり、どこまでもサポートしていただける神様のような(!)方もいらっしゃるわけですが。そういう方とお仕事ができている時が、一番幸せを感じたりします。

うーん、やっぱりなんだか考えがまとまっていなくて、穴だらけの文章になってしまいました。
長々とコメント欄に失礼いたしましたー!

Posted by: ルートツー堤谷 | July 08, 2010 01:00 PM

いやいやいつだって好き勝手な
こと書いてるだけですよ~。

現実的に、ほんと残念なことは
多いのはたしかですよね。
でもって、それがどんどんたまって
いってしまって、自分の中で溝が
できてしまうのが特にコワイかなと。

特にフリーランスは孤立点なので
自分の呪いにどんどんかかって
しまうところがありますからね。

とかなんとかエラソーに書いたり
してますが、
ぼくも神様じゃないので(笑)
日々の中で愚痴や負の感情に
どろどろになりそうな時も
多々あるので
そのためにも、自分の底には
この視点を持っていたいなとは
思ってます。

いいもの創っていきましょ!

Posted by: 森のくじら | July 08, 2010 02:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« つむぎだす言葉。 | Main | 落ちる。 »