« 【家づくり】なぜ家づくりをすることになったのか。いまさらプロローグ。 | Main | 5月19・20日は東京。 »

May 10, 2010

ありがとう杜の宮市。

さて、昨日はtwitterでひさしぶりに再会した
ハンドメイド作家のtittaさん
http://titta.jp/
が出店されるということで、何年ぶりでしょうか
アート系のおまつりに遊びにいってきました。

場所は、ぼくの地元、愛知県一宮市の
中心にある真清田神社で行われる
「第10回杜の宮市」。
(もりのみやいち)

あーなつかしい。
と、言っても神社自体は七夕の時とか
行っているのですが、この新緑の季節は
また神社の木々がいい感じです。

とりあえず、到着して屋台でごはん食べて
会場内を色々めぐる。
最初の3回ほどはこのイベントには
出展していたのですが、またお客さん目線だと
少し違って見えます。というか、やっぱり
何よりこの雰囲気が懐かしい。
木・布・ガラス・絵など色々な作家さんたちが
それぞれの雰囲気でお店を創っています。

ぐるぐる回って、奥でtittaさんに再会。
何年ぶりでしょ。な感じで色々お話。

そして、会場を回っていると
ダイさん・ユキヲさん夫妻に会ったり
絵人・水谷さんに会ったり
近況や、昔の話などをする。

知っている人が、今もこうして
この場にいることになんだか安心する。

当時は、まだフリーターに近いサラリーマンで
趣味で絵を描いて、アート系のイベントに出て
楽しんでいた。で、まさに、この宮市で
とある人に声をかけられる。
今度ギャラリーに遊びにおいでよ、と。

で、そのギャラリーに顔を出すようになって
本当に色々な作家さんと知り合いになって
色々な刺激を受けた。
ぼくの作家活動という名の
青春時代みたいな感じ。

その後、そのギャラリーもしめて
オーナーはぶらりとどこかへ行ってしまった
けど、昨日の宮市にはその時間のかけらが
残っていた気がした。


そんなことを思いながら帰るかと
商店街へ向かうと、
行きには、目に入らなかった流木のヤマが。

もしかして?と思って
のぞいてみたら、そこには
また懐かしい笑顔が(笑
seagrassこと、山根さんがいつもの
雰囲気でそこで、ちびっこたちと流木クラフトを
創っていた。
うちの子たちもやりたいというので、
せっかくなので、創っていく。
プテラノドンと、ハマベアートが
できました。途中、ぼくもノコギリ使ったりして
ひさしぶりに、クラフトづくりも堪能したり
もう一人の流木の人の近況などを聞いたり。


とかなんとか、
なんだか、本当に色々あの頃に
落としてしまった時間がむくむくと
よみがえってきました。

もちろん今は今で自分がやるべきこと
やりたいことというのはあるんだけど
あの頃の気持ちというか時間というか
それは、今も忘れちゃいけない気がした。

大切にして、また、今の自分を
あらためて創っていければと思う。

昨日、お会いしたみなさんありがとうございました。
そして、ありがとう。杜の宮市。

ぼくもがんばります。

|

« 【家づくり】なぜ家づくりをすることになったのか。いまさらプロローグ。 | Main | 5月19・20日は東京。 »

Comments

初心に戻ったような、清々しい気持がこちらにも伝わりました。仲間がいるというのは、いいですね。
みなさん変わらず、ということは、一方で、時間が流れても変わらずにいるための努力を惜しまなかった、
ということですから、素晴らしいことだと思います。

私もいつか、そんなお祭りに行ってみたいです。
くじらさんは、愛知なんですね。
私の友達にも、すごく愛知の人多いのです。
縁があるのでしょうか。

Posted by: ちぃ | May 10, 2010 01:59 PM

>ちぃさんへ

そうですね。新緑の景色も
あいまって、なんか色々と
ココロの中がキレイになった感じです。

ぼくは、ある意味やめてしまった
ヒトなので続けるということは
やっぱすごいなーと思いましたよ。

流木クラフト創った親子とかが
本当にうれしそうに帰っていく姿とか
似顔絵描いてもらった人が
うれしそーにしている姿を見ていると、ぼくが創っているもの
は、本当にきちんと誰かに届いて
いるのだろうかとか、
色々考えさせられました。

ぼくは出身は愛知ですね。
その後、岐阜に行ったり
愛知に行ったりと、東海に
とどまってますが
結局、岐阜に根をおろすことに
なりそうです。

Posted by: 森のくじら | May 10, 2010 02:17 PM

おおきな神社やねー
それから、いっぱい出店があって
こんなの楽しソーーー
自分の青春時代に
子供達を連れて行けるなんて
なんかイイね〜
再会があったり、出会いがあったり
当時の、感触みたいな感覚だったり
お天気もよくて良かったね!
私も青春の旅に出よかなぁ〜(*´∇`*)

Posted by: ぼっち | May 10, 2010 05:28 PM

>ぼっちさんへ

地元の人にとってはやっぱり
ゆかりのある神社なんで
ここにいくと、いろんな意味で
ホッとする感じですね。

ま、青春っていっても
7・8年前あたりですけどね(笑
でも、その頃はまだよちよちだった
娘も小3になり、産まれてなかった
子もと思うとやはり年月は
感じますね。

過去はふりかえらないけど
ときどき思い出すのはいいかなーと
思いましたですー。

Posted by: 森のくじら | May 10, 2010 05:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【家づくり】なぜ家づくりをすることになったのか。いまさらプロローグ。 | Main | 5月19・20日は東京。 »