« 【児童書】ポプラ社「なぞなぞだいすき超スペシャル」とクリスマスとか。 | Main | 【イラスト・工作】ひかりのくに「出し物たっぷりネタ帳」 »

December 08, 2009

学校教育の意義。

とかいうタイトルで書くと
なんだかとても仰々しいですね。
ちょっと、これについて仰々しくない程度に
書いてみようかなと。

実際、何にしても色々な考え方があるので
何が絶対に正しいとかではなく、あくまでも
ぼくはそう思うというくらいの話です。

でもって、まぁ、色々な側面はあるので
あくまでも一面についての話です。

と、前置きはこの辺にして。

学校教育の中でもいわゆる授業なのですが
ぼくは2つの大事なことがあるのかな、と。

ひとつは、きっかけ・もうひとつは脳をつつくこと。

きっかけというのは、その名の通りなのですが
やはり小さいときには自分が何が好きなのか
何が得意なのかというのが、分からない。
そのために、勉強だけに限らないのですが
やっぱり色々なことをやってみたほうがいいと
思うのです。もちろん、苦痛をともなうことも多々あるけれど
もしかするとその先に何かあるかも知れない。
でも、ないかも知れない。そのどちらも含めて
そのどちらかの答えがあること自体、やる意味が
あるのではないかと。

そして、脳をつつくこと。どうしても好きなこと
ばかりやっていると、脳の中の使う領域が限られる気が
するのです。(脳について勉強していないので
あくまでも、口先だけのイメージでござんす。)
なので、得意なことも苦手なことも含めて
脳の色々なところを満遍なく使ったほうがやっぱ
いいんではないかと。

大人になると、時間の問題とかもあって
やっぱりどんどん特化していってしまうからね。
それはそれでいいんだけど。
それでも、大人も色々柔軟に脳は使っていきたい
もんです。きっかけづくりの行動もですけどね。

間口の広い子どものうちは、勉強やら友だちと
遊んだりとか、つらいことや大変なことも含めて、
できるだけ色々なことを経験し、泣いたり笑ったりして
毎日を積み重ねて自分を創っていってくれると
いいなぁと思います。

と、ちなみに個人的にそう思うだけで
別にほとんど何もしてません。
ふわふわ~として、アホっぽい娘を
ただ時々いじめたりしつつ日々楽しんでます。


|

« 【児童書】ポプラ社「なぞなぞだいすき超スペシャル」とクリスマスとか。 | Main | 【イラスト・工作】ひかりのくに「出し物たっぷりネタ帳」 »

Comments

いや、その通りです。いろんなことをしたらいいと思いますね。本はたくさん読んだ方がいいし、いろんなモノを作るのも良いと思う。何をしたって、はみ出す子がいますけど、はみ出した子も愛嬌になる、環境と愛情が欲しいですね。

Posted by: ちぃ | December 09, 2009 01:03 AM

>ちぃさんへ

そうですね。まぁ、色々失敗やらなんやらあるだろうけど、それも含めて笑っていけるといいなぁとは思いますね。人生回り道ほど面白いものはない気がしますからね。

ちぃさんの日記、読んでうちの子だったらどうかなーとか色々と考えてみたのですが、たぶん、うちの子は今のところは風に立ち向かうより、風になびくタイプっぽいので、なんとなく適当にどこかに決めてしまう気がします(笑)まだまだ低学年なので、この先どうなるかというとこですけどね。

何はともあれ、日記の話の後日談、楽しみにしてますー。

Posted by: 森のくじら | December 09, 2009 01:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【児童書】ポプラ社「なぞなぞだいすき超スペシャル」とクリスマスとか。 | Main | 【イラスト・工作】ひかりのくに「出し物たっぷりネタ帳」 »