« 【イラスト】保育出版社 福祉・保育テキスト | Main | 【キャラクターアニメーション/クリエーター募集】 EcoChooエコチュウSNS 賞金20万のコンテストも開催! »

July 01, 2009

人として。

といえば、金八先生ですね。
古いので、知らない人は知らないと思いますが。

いや、きんぱっつぁんは置いといて。

なんか、欲より刺激とはまた違う側面として
人としてありたい気持ちはやっぱり強いのです。

なんというかビジネスは合理的にもちろん進めるべき
ところが主流にはなるし、そうすべきだとは思うんだけど
ここだ、というところでは、やっぱり人としての感覚というのが
ものすご~~~~~~~~~~く必要な気がするのです。
それでも、色々、もちろん大人の情事、いや事情で
ボンと枠はできてしまったりするけれど。
でも、その枠でさえも、ただ、そこを埋めるだけでなく
人として、その中で精一杯暴れたい。

ちなみにこれは、個人的な希望でなく
ぼくの中での仕事はそういうものでありつづけたいと思うのです。
ぼくの中で、と書いている時点、個人的なことになっちゃってますが。
そうでなく

世の中にある仕事の中で、あるであろうその領域の仕事を
していきたいという表現の方がきっと適切だね。
だから、個人的な希望ではないんだよ。きっと。

でも、それはあくまでもぼくの中での考えなので
結局のところ、理想・情熱の空回りとかになるかもだけど
まぁ、その辺りは炎の芸術家さんでも若い学生さんでもないので
おとなな範囲で。

人として、仕事ができればと思う次第です。

|

« 【イラスト】保育出版社 福祉・保育テキスト | Main | 【キャラクターアニメーション/クリエーター募集】 EcoChooエコチュウSNS 賞金20万のコンテストも開催! »

Comments

とおお~くま~で~
みえ~る~ みち~で~♪

リサイタルの会場はここですか~。

仕事ってものすごく冷めている部分と
すごく暑い部分が両立してるのが
いいなあと思います。

私の人生もだいぶ空周りしてます。

Posted by: わたなべふみ | July 01, 2009 07:23 AM

>ふみまるさんへ

あーダメダメ、うかつに
「会場は」と言っていると
来年は、金八サマーになってしまうよー。

>仕事ってものすごく冷めている部分と
>すごく暑い部分が両立してる

そうね。冷めまくりの仕事もさみしいしし、アツアツの仕事も
むさくるしいし。
両方かかえていたいね。

くるくるかたかたと空回りしつつ
時々ひまわりの種なんか食べたりして。ハムスターな感じで。

Posted by: 森のくじら | July 01, 2009 09:47 AM

とてもとても大事なことですよね。どこで何をしてどう生きていようと「人間である以上人間として生きるべきである」とそう思っています。確かに子供の頃のように何もかも真っ直ぐには歩めないでしょうが、人としての基本の基にブレがなければ良いかと・・・。細かいこととなれば大人になるにつれ個人の主観が出来てきますから全員が同じ方向を向くことは困難だと思いますが、自分が譲れない部分はとことん守ればいいのじゃないかなぁ・・・?。・・・またずれちゃいました?(苦笑)何と珍しく先週木曜日より発熱で寝込んでました。「鬼のかく乱」です。やっと熱が下がりあとはリンパ腺の腫れがひけば復活か?と。原因はいまひとつ不明ですが40も越えるといろいろありますわ↓くじらさんも暑いですけど風邪などめされませんように頑張ってくださいっ!!

Posted by: あ~るん | July 01, 2009 09:54 AM

>あ~るんさんへ
そうですね。特に、仕事の場合は
「お金」という魔物にふりまわされる
ことも多々ありますが、その嵐の中で
も自分らしく立っていたいところですね。

さてさて、体調大丈夫ですか?
最近は、雨が降ったりすると急に
気温が低くなったりしますからね。
ゆっくり休んで、しっかり治して
くださいね。
ぼくも、昨日夜はちょっと風邪っぽい
気配もありましたが、一晩寝たら
全然元気ですので、このまま
がんばります(笑)

Posted by: 森のくじら | July 01, 2009 10:14 AM

おっしゃっていること、
多分言葉は違うかもしれないけれど、
私もいつも大事にしたいと思っていることです。
自分は天才でも商才があるわけでもなく、
絵をかくことでしかお金を上手く稼げないので、
わたしなりにいただいたお仕事で役に立ちたいと思います。

お金をいただく代わりに、向こうの考えていた以上のものを、
きちんと言葉にできるところで形にしてあげたい。

だから、はったりも、過小評価も、自己執着もせず、なるべくその作品の商品としての真価を一番に考えて仕事をしたいと思っています。

こうすることで、じぶんの中の軸や、筋、というものを
いつも確かめて行きたいです。

くじらさんにも、そうしたものを感じます。

Posted by: ちぃ | July 01, 2009 12:07 PM

>ちぃさんへ
「その作品の商品としての真価」
そうですね。やっぱりいいものを
創りたいんですよね。
なんというか、自己エゴ的ではない
意味でいいもの。単純に売れるもので
なく、売れるという要素を結果的に
導いてくれるものというのが、ぼくの
理想かも知れません。

で、やっぱりそういうものを創るには
マーケティング等、数字的理論的な
ものも必要ですが、そこに自分含め
発信する側が人として、そこに
立ち向かっているかどうかというところが大切だと思うんです。

それを忘れてしまったら
きっと届かない気がしますからね。
何かが。

話変わりますが、前にちぃさんが
書かれていた「身の丈」という言葉が
ぼくの中でとても重要なキーワードに
なっています。
何かをするたびに、これは身の丈に
あっているかなというのよく考えています。
ありがとうございます。

Posted by: 森のくじら | July 01, 2009 12:26 PM

みなさんのお話を聞いていても、しっかりとした軸がない自分はホントに未熟だなあと思います。もともと、「描く」ということが好きだから、それを必要としてくれることや、それに出来る限り応えて喜んでもらえること自体に、喜んでしまう自分がいます。森のくじらさんの本題とは違うとは思いますが、
なかなかいつまでたっても悩めるあれこれですw

Posted by: kyo | July 01, 2009 06:28 PM

>kyoさんへ
ぼくもいつもいつも迷ってますよ(笑)
なんで、色々ブログとかで描きながら
色々な人の話聞きながら、考えつづける
日々という感じです。

で、ある意味kyoさんが書かれている
作品を創って、それを喜んでいただき
それを自分のよろこびとするってのが
すべてといえば、すべてじゃないかな、と。

その中で、自分という人間を
見つめつづけていく仕事だと思うんですよね。創り手って。
いや、これは一般論じゃなく、
あくまでもぼくの考えですが。

ただ、そこに仕事である以上
やはり金銭的やりとりは発生するので
その対価もあわせて、双方共に
満足できるというのは、追求して
いかないといけない課題ではあるけどね。

いつだって、楽しんで悩んで
いたいもんですねー。

Posted by: 森のくじら | July 01, 2009 07:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【イラスト】保育出版社 福祉・保育テキスト | Main | 【キャラクターアニメーション/クリエーター募集】 EcoChooエコチュウSNS 賞金20万のコンテストも開催! »