« PEACE SUMMER 2009バナー 大募集ですー。 | Main | 立ち位置。 »

March 11, 2009

「がんばる」ということ。

ふと、考えていたんですが
なんか「がんばる」とか「努力」とかって言葉は
昨今ではネガティブイメージな感じですが
本当のところ、どうなんだろうかと。

というのも
「がんばらなくていいんだよ」という言葉が
ぼくはあまり好きではないのです。

なんか、やっぱり「がんばっている」ほうが
いいと思うんですよ。もちろん無理することはないし
休み休みでいいんだと思うけど、
基本はやはり「がんばる」がいいんじゃないか、と。

ネガィティブイメージの根源はノルマなど
外部からの押し付け的なもので、
「やりなさい」と命令されて、
それをやっているということなので
それは「がんばる」ではないかな、と。

あくまでも、主観にもとづくものなんじゃないかな、と。
自分自身が前に向かって歩んで行く気持ち。
それがあれば、「がんばっているんだ」と思うのです。

で、やっぱり、ぼくは自分自身にも、他の人にも
その気持ちは持ちつづけて欲しいなぁと思うのです。

自分自身から逃げていったり
前へ進むことを自分でやめてしまうのは
あまりにも、もったいない。

「がんばる」方法・スピードなんて人それぞれで
いいんだから自分なりに「がんばる」道が
見つかるといいなぁ、と。

とか、なんとか書きつつも「がんばる」という
4文字の言葉ですべての意味を内包させるのは
無理なので、別にこの「がんばる」という言葉で
なくてもいいのかなとは思っているので、

気持ちとして、こういつだって、
自分自身が前に向かって歩んでいければ
いいなぁと。

ただ、そう思うのです。

|

« PEACE SUMMER 2009バナー 大募集ですー。 | Main | 立ち位置。 »

Comments

私自身は「がんばる」って言葉はとても好きですね。
自身へのふんばりになるし。

ただ、誰かに対して使うときは気をつけている言葉でもあったりします。
「がんばれ」って取り方やその人の感じ方、精神状態一つで微妙に変化してくると思うから。
例えば、突き放されたように感じる場合もあったり。
言葉って難しい・・。

一緒にがんばろう、って言葉とか好きかも。

Pかぶってみんなでがんばりましょー!

Posted by: 黒はむ | March 11, 2009 03:15 PM

>黒いはむさん
そうね。昨今ではなかなかこの「がんばる」という言葉は他者には使いにくいですよね。たった、ひとつの言葉で真意を伝えるのは無理だし、そもそも、相手が求めている言葉というのもあったりして。

でも、なんちゅうか、なんか目の前に壁があるとして、そこを避けて通ることも、もちろんできるし、場合によっては、そうしなくちゃいけないこともあるけど、それでも、壁を見たら突き進んで乗り越えろ!みたいな、たくましさというのが必要だと思うんですよね。

特に、子どもを見ているとそう思うんですよね。というか、子どもって大人よりも、たくましい。怒られてもケロッとしている。

大人になると、自分で決めた自分の位置や、社会が決めた位置・ルールなんかでココロの身動きがとりにくくなっちゃうから、そこからはみ出ると自分を見失っちゃうだろうね。

ぼくらは、もっと自由にたくましく生きて生けると思うんです!

・・って何かの演説かっ。ということで、Pかぶりながら、みなでがんばりまっしょい。

Posted by: 森のくじら | March 11, 2009 03:29 PM

私はがんばってますよ~。
だから、「このヘタクソめ!」って思っても
それが今の全力なので勘弁していただきたく…。
(何に対する言い訳だろうかこれは…)

でもまあ「がんばる」って、基本的には
できないことをできるようにして行くプロセスだと思うんで楽しい面もあると思います。
さかあがりとかね~。

Posted by: わたなべふみ | March 11, 2009 03:42 PM

>ふみっぺさんへ
そうそう、がんばることはけしてマイナスなことではなく、壁を越え、より自分にとっての世界が広がっていくことだと思うんですよ。
転んで、すり傷つくりながらも自転車のれるようになって、これまで足でしか行けなかったところに、自転車が行くことができるようになったり。
なんか、自分の可能性にフタをして欲しくないと切に願うのです。

って、別に特定の誰かがいるわけではないので、そう思うのです。自分自身に言い聞かせてるのかもですけどね。

Posted by: 森のくじら | March 11, 2009 03:47 PM

言葉の一人歩きですよね。
でも、あるがままの自分に向かって進むときは、
同じ頑張るでも、力がいらないというか、
ストレスが掛からないと思うんですよ。
それが、まるで自分の方向と違ったがんばりになると、嫌で、ストレスもたまるんだと思います。
「こんなに頑張っているのに・・・。」といって、
成果を求めるような態度は、煙たがられますが、
「あの人のように自分も頑張ろう」と思われるなら、
最高ですね。
燃焼の炎の、頑張れですね。

Posted by: ちぃ | March 11, 2009 04:06 PM

>ちぃさんへ
そうですね。自分のための「がんばり」は苦しさもあるけれど、それを楽しさで包み込んでいるような気はしますね。さらに言えば、苦しいのが楽しいみたいなところはありますね。

結局、そこに苦しさのみ存在するがんばりは、向かうべき方向が違うのかも知れません。

社会の中では、それでもやらねば、な時もありますが、それが本当に必要かどうか、そこから立ち去るべきかどうかという判断が、結局、難しいとこなんでしょうね。

う~ん、難しい。

Posted by: 森のくじら | March 11, 2009 04:16 PM

もりくじさんのレスが楽しくて、このblogにはまってしまいました!!
子どもの頃の純粋に頑張る気持ち、いいよね〜〜!!
私は、竹馬の練習しすぎて、塀の上に乗って、竹馬の上を持って歩けるようになってしまいました。
それから、鉄棒のたまご回りの練習をしすぎて、カーデガンを公園に忘れました。
頑張った想い出、懐かしいです!!

Posted by: pomme | March 11, 2009 04:29 PM

>pomme
レスポンスがんばってますよ~(笑)
がんばったけど、ダメでくやし涙を流すこともあるかもだけど、それも含めて、自分の中でチカラになると思うんですよね。それを挫折として、自分の中に黒い種を残さないように、がんばれた自分がそこにいたという事実を、周りも含めて認めてあげれるといいなぁと思うのです。

と、まじめにレスポン。

PS.今度、お会いするときは、竹馬で登場してください。必須です。

Posted by: 森のくじら | March 11, 2009 04:40 PM

わたし自身はがんばることも、
がんばれって言われることも大好きなのですが、
ひとには、慎重です。
言葉の印象やとらえ方は人それぞれで、
なかなか難しいから・・・

でも、そんな無茶な「ガンバリ」なんてなくなって
みんなが普通に「がんばってるよ楽しいよ」って
言えるようになりますようにって思います。

ちなみに、わたしはずっと
ばんばる〜〜〜ってちょろぴ語を使ってます(笑
いつも、ばんばっていたいです。

Posted by: ひなた | March 11, 2009 06:18 PM

>ひなたさんへ
そうですね。
すっかり、人には言いづらい言葉になってしまいましたね。

ひなたさんが言われるように、きっと「がんばる」というのが自然なことなんだと思うんですよね。それが、言葉としては、ねじまがってしまったのが寂しいところです。

みんなで、ばんばっていきたいもんですね!!

Posted by: 森のくじら | March 11, 2009 06:30 PM

うーん、くじらさんらしーです。
これからも、頑張って下さいね(*´∇`*)
私も頑張りますーーーー!!(^o^)丿

Posted by: ぼっち | March 11, 2009 07:59 PM

>ぼっちさんへ
ぼくらしいですか(笑)
はーい、がんばりますですよー!
ともに色々楽しみながら
がんばりましょねぇ。

Posted by: 森のくじら | March 11, 2009 10:53 PM

「自分のペースでがんばる!!」っていう言葉は大好きですっ!何せ私「のんびり」「おおざっぱ」「超マイペース」人。ですから・・・。でも私的にはすごい頑張ってるんですけど傍から見て「頑張っている風に見えない」場合が多く、そこが困りどころですっ(哀)特に見ててもすごく頑張ってる!!って感じの人。・・・多分、動きの早い人、常に何かをしている人、ボーっとしているところを見せたことがない人、活動的な人・・・ナドから見れば私の「頑張り」は「頑張り」のうちに入らないのかも・・・まぁ、それも個人のモノサシでの評価ですけど・・・。私、自分がこんなだから周りの人は皆頑張っている様に感じます。上辺だけの「頑張れ」はプレッシャーにしかならないですけど心から「頑張れ」って言ってくれたら、それは、すごい原動力になります。・・・そう思うと「頑張る」って言葉はやっぱり「良い言葉」なんでしょうね!!

Posted by: あ~るん | March 12, 2009 02:11 PM

>あ~るんさんへ
そうですね。尺度は、人によって違うので、やっぱり自分の尺度や価値観で人に強制するのは、困りますよね~。

何にせよ、言葉そのものは、単なる文字の集合体なので、そこにどういう気持ちがあるかということと、それをどう伝えるかというのが大事なんでしょうね。

Posted by: 森のくじら | March 12, 2009 02:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« PEACE SUMMER 2009バナー 大募集ですー。 | Main | 立ち位置。 »