« データ消失・復旧。 | Main | 記憶倉庫。 »

March 12, 2008

あの話2。

あまり、ニュース的なことに対して
いいだの悪いだのを公的場で言うのは
好きではないのですが(と前置きをしつつも)

その後の話ということで、平城京遷都1300年の話。

作者の籔内佐斗司さんがWEBで
それに対して解答をしてますね。
http://uwamuki.com/j/indexJ.html

まぁ、これを読んでの感想は人それぞれだと
思いますが。

時代というものの捉え方や、
向こう側にいるユーザーのことや、
何かの否定はしなくても
自分の肯定はできるのではとか
なんとか、色々考えさせられはしました。

まぁ、それはそれとして
ぼくは商業イラストレータ道を邁進します。

|

« データ消失・復旧。 | Main | 記憶倉庫。 »

Comments

私も商業イラストレーターをがんばります

個人的には、世の中の現実と自分が作りたいものがあって、そこでうまく折り合いをつけて
お金をもらい、米や味噌を買って暮らして行くという今の作業がわりと好きです。

Posted by: ふみっぺ | March 12, 2008 09:21 PM

>ふみっさんへ
そうですね。
ぼくもいわゆる芸術家タイプではないので
世の流れとか含めて、今受け入られるものを創りたいなぁとは思います。
そして、願わくば、それが今だけじゃなく時代に左右されないものとして確立されれば、うれしいなぁとは思うところです。
なんで、作家性をはらみつつも、根っこは商業イラストレーターみたいな立ち位置が望むところではあります。

Posted by: 森のくじら | March 12, 2008 11:07 PM

私もやっぱり商業イラストレーターです。
なので、著作権、とかも、はぁ・・・。と言う感じで。「他で使いますので、お金払います。」と言われた時は、ちゃんといただきますよ!!!
でも、普段はご飯が食べられて、毎日仕事があるのが、幸せ、って思わないとね・・・。
でもたまに泣きたくなるけど。

Posted by: ちぃ | March 13, 2008 12:01 AM

>ちぃさんへ
そうですねぇ。たまに泣きたく
なることがありますよね。
はぁ、がんばったのに・・・・・・・
みたいなね。
なんで、絵じゃないこともね。
色々とがんばらないと、というとこでは
ありますね。
感謝の気持ちは忘れちゃダメだけど
ビジネスはビジネスですからね。

Posted by: 森のくじら | March 13, 2008 12:40 AM

そうなの、そうなの・・・。

Posted by: ちい | March 14, 2008 05:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« データ消失・復旧。 | Main | 記憶倉庫。 »