« FLASHアニメーション作品「おさんぽぽ」公開! | Main | 【絵本】くじらのカレンダー »

June 06, 2007

ココロザシ。

常にココロザシを持って望みたいとは思っているのだが
そこにはゲンジツという壁もあり
そんなことは知っているから壁の向こう側を見ようと
思ってやっているのだが、やはりそこに壁はある。

ぶちこわせる壁はとことんぶち壊したいと思うけれど
どうにもならない壁もある。

とことん壁をみないようにするのか。
壁の前から離れていくのか。

ただやはりココロザシを捨ててまで
壁と向かい合うのは悲しい。

じっと手の中のココロザシを握りしめ
静かに時を待つ。

|

« FLASHアニメーション作品「おさんぽぽ」公開! | Main | 【絵本】くじらのカレンダー »

Comments

なんだか詩集でもよんでるみたいで
心が洗われる気がします。

壁・・・最近私自身そこに悩んだりもしてますが
壁が多すぎて(汗)逆に壁がないといいのかな・・・と不安になったりします(笑)

考えさせられる記事ですね。

Posted by: ぷぅ | June 07, 2007 12:44 PM

>ぷぅさんへ
ぼくらは常にゲンジツの中で
生きているので

どうしようもならない壁もありますよね。

でもって壁のない世界というのも
またなんかいごこち悪い気がしますしね。

実は壁があるから
ぼくらは立っていられるのかも
知れません。

ただ、壁に立たされるのではなく
そこにきちんとココロザシを
持っていたいなあとは思うのです。

Posted by: 森のくじら | June 07, 2007 12:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« FLASHアニメーション作品「おさんぽぽ」公開! | Main | 【絵本】くじらのカレンダー »