« MUKKUMOKKU新作誕生! | Main | 「実家に帰らせていただきます。」 »

July 27, 2006

箱の中身は子猫ちゃん。

うちは古い貸家なのですが
大家さんの半分てづくり・半分建て増しなので
なんだか複雑なつくりなのです。
で、その一角に昔、下宿部屋に使っていた
二階の部屋があり、うちらはそこは親戚のマンガ本などの
倉庫がわりとして使っているのですが
今日、そこに探し物をしに行って、目的の箱を見つけ
さてと・・と思い中をあけると、そこには
なんと子猫が3匹!!!!!!!!!!!!!!!
ダンボールに子猫。
捨て猫とかだとよく見かける光景ですが、
そこは路地ではなく、うちの二階の部屋です。
使っていないとはいえ、部屋なのです。


実は、この話、伏線があり、今日、たまたま同じく
その部屋にこましゃが用事でいったときに
ネコが部屋から出て行くのをみたのです。
「こども産んでたりしてなぁ。はははは。」と
軽口をたたいてみたのですが、
本当に本当にそうだったようで・・・。


とりあえず、部屋で育ててもらうのもちょっと・・
というか、そのダンボール・・ぼくが描いたポプラ社さんの
本の書庫だったのですよ・・。半分逝ってしまいました。

ということで、ダンボールの引越しをして、
下にあるガレージに移動し、様子を見守ることにしました。

子猫たちはまだ生まれたてなのか、本当に小さいです。
しかもすーすー眠っているので、弱っているのか
元気なのかもよくわかりません。
というか、ネコ飼ったことないので、どうしたらいいか
わかんない・・。

頭の中で色々なシュミレーションがすすみます。
親猫が引き取りにこなかったら・・・
1)この子たちは衰弱して・・・・
2)この子たちを育てる
3)この子たちは誰かに育ててもらう

一人じゃ不安なので、mixiでトピたてたりして
ネコ好きの人に意見を聞いたりして
そうこうしているうちに
ダンボールをのぞいてみると
なんと1匹減っているではありませんか。

周りをみるとどこかに這い出した様子もなく
襲われた様子もないので、これはきっと
親猫が助けにきてくれたのだろうと。

しかし、その後数時間たっても
いっこうに2匹から減りません。

また、ぼくの頭の中ではシュミレーションが
繰り広げられます。どのタイミングでどうすれば
いいのだろう。どうしたらいいのだろう・・と。
仕事どころじゃありません(笑)

とかなんとかしつつ晩御飯も終え、
やはり気になるので、またガレージへ。
真っ暗なので何も見えず。
いたら悪いなあと思いつつガレージの
電気をつけると・・・

いない!!!!!!!!!!!
一匹もいない!!!!!!!
思わずガッツポーズです。
よくやった親猫よ。

はぁ~よかった。よかった。


こうして、無事ダンボール猫騒動は
幕を閉じました。


今度、街角でその猫に出会っても
そいつも、ぼくもきっと忘れていることでしょう。
でも、それでいいんです。
野良猫は野良猫の道を。
ぼくはぼくの道を。

|

« MUKKUMOKKU新作誕生! | Main | 「実家に帰らせていただきます。」 »

Comments

おはようございます。
それはビックリですね。(;´Д`) ハァハァ
普通のおうちですよね、一体どこから入ったのでしょうか?????
本が駄目になってしまったのは、残念ですね・・・。
どうなるのかしらとハラハラしましたが、お母さんが迎えに来て良かったです。

Posted by: くまきち | July 27, 2006 07:16 AM

親猫は、様子をみながらパクリと子猫をくわえて一匹残らず、運び出したんですね~。よかった!
ドキドキしながら読んじゃいました。

Posted by: kyo | July 27, 2006 07:52 AM

>くまきちさんへ
こんにちは~。
その下宿部屋はガレージから二階に直接上がれるようになっていて、結構ドアあけっぱなしなのですよ(笑)ある意味、泥棒とかじゃなくてよかった。人がいたら、もっとビックリですからね。
とりあえず、無事助けが入ってよかったです。

>kyoさんへ
きっとそうなんでしょね~。
その様子もちょっと見てみたかったけど
できるだけ、離れるようにしてたからねぇ。
はぁ。しかし本当によかった。
おじさんは心配で心配で。

Posted by: 森のくじら | July 27, 2006 10:26 AM

ねこは見つかると移動させちゃうからね。
ブレーカーといいねこといい
そのちょっと古さがまたいい感じです♪

Posted by: よっぴ | August 03, 2006 12:20 PM

>よっぴさんへ
こんにちは~。
たしかに、都会のマンションとかだと
野良猫は入ってこないでしょうね。
ゆるい家です(笑)

Posted by: 森のくじら | August 03, 2006 06:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« MUKKUMOKKU新作誕生! | Main | 「実家に帰らせていただきます。」 »