« 作品づくり。 | Main | れっつ!びじねす。 »

July 03, 2006

イソップ物語。

アリさんはまじめに働いたので、冬の間もエサの蓄えがありました。
キリギリスさんは遊んで暮らしていたので、冬死んでしまいました。
どっちがいい?

正社員はまじめに働いたので、たくさんのお金がたまりました。
ニート・フリーターはまじめに働いてないので、ボーナスも出ません。
退職金もありません。正社員とニート・フリーターの人生における
収入の格差はなんと2億円も違うのです。
どっちがいい?

2億円も違うんだ!だったら正社員の方がいい!
という子供達。

なんだかコワイね。今日の新聞によると
(※アリとキリギリスの話はぼくが追加しものです。)
そんなコワイ教育が、学校では、されているようです。

それが、子供達にわかりやすくニート問題を説く話のようです。
わかりやすさって何?

なんだか大切なことが抜けている気がします。

フリーターは楽しそうでかっこよいイメージがあるので
それを払拭したいそうですが、それの悪口を言うよりも
がんばって働いている人たちの良さというのを
見せるのがスジってもんじゃあないでしょうか。

働いてる姿ってカッコイイね。

そんな風にこどもたちに思ってもらえたら
いいなあと思います。

父ちゃんはがんばります。
母ちゃんもがんばります。


|

« 作品づくり。 | Main | れっつ!びじねす。 »

Comments

こんにちは。ずっと読みたいので、リンクさせていただきました。
もし、だめだったら、お知らせください。

Posted by: るじ | July 03, 2006 07:08 AM

確かに。
人を見下すことを正しいかのように話しちゃまずいですよね。
他者を悪く言うことでしか自分の価値を見いだせなくなるのは怖いですね。

Posted by: 黒はむ | July 03, 2006 09:41 AM

これ、小学校の授業ですよね・・・。(^-^;
稼ぐ金額で物事の善し悪しが決まるんですかね?
一時期の学歴社会とかが、すこし、いろんな職業があるよ・・・って言う方向に向かってきたなと思ったら。
どこぞのだれかみたいに「お金儲けのどこが悪いの?」って小学生が言うのかな?
なんだか「ニート」という言葉も流行語みたいな扱われ方だし、「愛国心を持とう!」ていう授業とか、
なんだかなぁの小学校教育ですね。

Posted by: 住人:ちょびすけ | July 03, 2006 10:33 AM

↑スミマセン、自分のブログ用に記憶されてたので、「住人:」とかついてました・・・。
失礼しました。(^-^;

Posted by: ちょびすけ | July 03, 2006 10:35 AM

>るじさんへ
こんにちは!リンクありがとございます。
あまりたいしたことは書きませんが(笑)
読んでいただければ光栄です~。

>黒はむさんへ
僕自身もあまり批判めいたことを極力、
控えているのですが、まあ、たまには
ということで書いてみました。
ちなみに、アリとキリギリス方式の
二者択一による子供たちの感想を見て
てごたえありと感じているようです(笑)

>ちょびすけさんへ
なんでも、文部省の委託事業とかなんとか
みたいですね。
新聞の記事で読んだだけなので、これも
またメディアの誘導で、ツッコミやすい
とこだけを抜粋した感もなきにしもあらずですが。
でも、何より、この記事を読んで、
へ~2億も違うんだ。やはり子供は正社員に
させなくちゃと思う、親がいるだろうから
さらにコワイ(笑)

2億円あるのとないの、どっちがいい?
時として、正論は暴力になる。

Posted by: 森のくじら | July 03, 2006 11:09 AM

うまくいえないけれど、
「親を見てると仕事をしてるのって楽しそうだから自分も将来仕事したいな」って子どもが思って欲しいなー、なんて思います。

仕事ってしんどいこともあるけれど、基本的には楽しい部分のほうが多いと思うんだけどなあ。

なんて、私もまじめにコメントしてみました。

Posted by: わたなべふみ | July 03, 2006 04:46 PM

>わたなべふみさんへ
そう。仕事は楽しいもんですよね。
本来はそれを伝えるもの。
見せるものだと思います。

背中で語れる父親になりたいと
思ってます(笑)

Posted by: 森のくじら | July 03, 2006 10:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 作品づくり。 | Main | れっつ!びじねす。 »