« 郡上。 | Main | 三文役者。 »

July 14, 2005

モノを創るということ。

ということで、家具職人とのコラボMUKKUMOKKUについての今までの歴史をひもといてみた。それは出会い~今にいたるまでの時間の記録。そしてそれはモノができてくるひとつの過程でもある。こうして、あらためて書いてみると、色々なことが積み重なって今があるんだなあと思う。モノを創るというコトはそういう過程の積み重ねなんだと。過ごしてきた時間には無駄なものはなくすべて今に至るまでに必要な大切なコト。
そして、また、明日が今へ、そして昨日へと変わっていくことで、新しい道が築かれていく。というようなことを、思った。実際、これをイベント会場で読んだ人はどう思うんだろう。とりあえず読んでくれるかどうか、というのも不安ではあるが。

|

« 郡上。 | Main | 三文役者。 »

Comments

そうですよね、同感です!
でもこれは「モノを創る」ことでだけでははいのでは・・・
生きていくこと(現在の自分にいたるまで)もそうだと思うし、
子育てもまたそうではないでしょうか?
失敗したことも、回り道したことも、全て無駄なことは何も無いと思います。
全然関係ないことも、どこかで繋がっていて、結構良かったなと思えることよくあります。
まーそれでけ寄り道や回り道が多いのかも知れませんが・・・ (笑)

Posted by: yumaahi | July 14, 2005 08:57 AM

そうですね。大きな意味で生きるということはそういうことだと思っていたんですけど、逆にもっとスケールを小さくみたとき、自分の作品じゃなくても、目の前にあるたくさんの商品やモノ。これってひとつひとつに色んな歴史があるんですよね。鉛筆にしてもパソコンにしても最初に考えた人がいて、苦労かさね、部品作る人や、プログラム作る人や、それを運ぶ人、それを売る人、ひとつのモノにはそれだけたくさんの人の想いが入っているんだな、と思うと、モノを大切にしなくちゃと思うのです。

ぼくは寄り道回り道大好きです。好きな言葉に「大道無門」というのがあるのですが、大いなる道には、このルートをまっすぐにたどればいいなんて門はないと思ってます。だから色々なことをやっていきたいなって思ってます。

Posted by: 森のくじら | July 14, 2005 12:49 PM

こんにちは!
ムックモックの歴史はどこで読めますか〜?

Posted by: ヨシオカ | July 14, 2005 02:50 PM

こんちは!8月4日(火)~8月21日(日)文化フォーラム春日井の木のおもちゃ展の中でござんす。っても、A4用紙2枚分くらいで全体的な歴史を書いているので、あまり内容は濃くないから、どちらかというMUKKUMOKKUにはじめて会う人向けのものです。

Posted by: 森のくじら | July 14, 2005 03:13 PM

同感、同感です!
「大道無門」いい言葉ですね。
好きな言葉に入れさせて頂きます。(^_^)v

Posted by: yumaahi | July 14, 2005 04:06 PM

たしか禅の言葉だったと思うんですが一休さん(一休宗純)が好きで、その話のなかで出てきたような気がします。ちなみに、少林寺拳法やってたとき、帯にこの言葉入れてました(笑)

Posted by: 森のくじら | July 14, 2005 04:46 PM

辞書でこの言葉引いてみました。
仏道には一定の入り方はないということ
と記されていました。
う~ん、これもそうかもしれませんが、
大いなる道には、このルートをまっすぐにたどればいいなんて門はない
の方がいいですよね。
私はこちらで使わせていただきます・・・ (笑)

一休さん私も好きでした。子供のころ毎週見ていたな・・・

Posted by: yumaahi | July 15, 2005 12:13 AM

辞書にのってるのですか(笑)ちなみに反対の意味としては登竜門という言葉はがありますよね。表があれば裏があるということで、実際には色々なことをやればいいってもんでもなく、行く先々でカタチは違えどもその中ですべきことというのがあるのか知れない、とも思ってます。と、こんなところで禅問答している場合ではないですが(笑)

大人の一休さんというのも面白いですよ。

Posted by: 森のくじら | July 15, 2005 12:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モノを創るということ。:

« 郡上。 | Main | 三文役者。 »