« 2004年の個展の写真 | Main | キミの目の向こうには。 »

June 21, 2005

鼻がカタイ。

さてさて、3日ほどPCから離れてました。なので、だいぶスッキリです。毎日、この部屋でPCに向かっていると、やっぱりイヤになります。気分転換はやっぱり大事です。基本的に仕事好きなので、家にいるとついつい仕事して、仕事のこと考えちゃうんですよね~。
ちなみに、二日間は自分の子および義姉の子の子守という感じやら、それをまかせてごろりと本を読んだり、ダラダラ過ごし、最終日は帰り道に京都によって銀閣寺を見てきました。近くで見ると、なんだか野暮ったい感じですが、遠くから周りの木々越しに見ると、全然違う雰囲気がしました。観光地なのでしょうがないですが、こういう渋いところは、人がいないときにしんみり見るのがいいんでしょうね。でも日本のよさというのはしみじみ感じますね。そろそろこういう渋いものも描いてみたいという気持ちはあります。

さて、それはそれとして、カラダは疲れつつもココロは充電して帰宅し、さあお風呂ということで、けだまちんとお風呂入っていたら突然「鼻がカタイ!」と泣き出し、鼻に指つっこんでグリグリしだしました。鼻がカタイ??鼻がつまっているのかな?と思いつつ、色々なだめ、お風呂から出ても、まだぴーぴー泣いているので、「鼻がカタイってどういうこと?」としつこく聞いたら「アビーダマ」とまたしても、謎の言葉。鼻がカタイ・・・アビーダマ・・・・。なぜ気がついたのか分かりませんが、もしかして、お風呂に入る前に遊んでたアイロンビーズ?と思って鼻を見てみたら・・・。入ってました。鼻にアビーダマが。たしかに鼻がカタクなってました(笑)
さて、どうしたもんかと耳かきを持ってきて、ちょこちょこやってみましたが、なかなか出てこないので片鼻を押さえ、ぷ~~~~と・・・すると、するりと出てきました。ふ~よかった・・・。みなさんも、もし小さな子供が「鼻がカタイ」と言ったら気をつけてください。

|

« 2004年の個展の写真 | Main | キミの目の向こうには。 »

Comments

あっ、僕も、家でずっとマックに向かっていると、イヤになりますよ。
仕事は好きでも、やっぱり、イヤになりますよね。
だから、日曜には、絶対、出掛けてしまいます。

けだまちゃん、鼻の中に、ビーズが入っていたんですか?。
出てきてよかったです。
僕も、小さい頃、飴を喉につめて、大騒ぎになったことがありました。
そのときは、逆さ釣りにして身体を振ったら、出てきたそうです。

Posted by: 野林賢太郎 | June 21, 2005 08:09 AM

京都ですか、いいですね。 そうそう、銀閣寺は金閣寺と違って地味ですよね。でもそこがまたいいのですが・・・ 
哲学の道歩かれましたか?しんみりなら哲学の道(白川の交差点から銀閣寺へ向かう道)の方がいいかもしれません。でも観光地には変わりないので、桜の時期はきれいですが人も多いですけど・・・ 曇りの日など結構人通りも少なくしんみり出来るのでは・・・

けだまちゃんビーズ出てきて良かったですね。
お子らが小さいうちは、うちもいろいろありました。
急に大声で泣くので見てみると、どこから持ってきたのかアンメルツヨコヨコを握って泣いていました。どうもなめてしまったらしく、あわてて病院へ・・・
幸い何でもありませんでした、その時はビックリ、今は笑い話です。
友人の子供も、鼻にお豆を入れたらしく、どうしても取れなくて病院へ。
もう少し奥には入っていたら、切らないと取れなかったかもと脅されて帰ってきました。
後談、面白そうだったから自分で入れたそうですよ、本当に何をしてくれるか・・・

Posted by: yumaahi | June 21, 2005 10:21 AM

>野林さんへ
やはり気分転換大事ですよね。重たい頭だと、いいアイデアも浮かばないし。今週は1日削ってしまったので、あとはがんばりたいと思います。
みんな子供の頃には色んな危険エピソードがあるみたいですね。

>yumaahiさんへ
京都は、やっぱり、のんびり歩いてみるのがいいですね。車だと、とりあえず、走りにくい・・。子連れだとのんびりできない・・。静かに景色とか見てても「おなかすいた~」「のどかわいた~」とトナリでわめいている人がもれなくついてい来るので困ります。ま、それはそれで楽しかったですけどね。
アンメルツヨコヨコですか。それは辛そう~。鼻の奥まで入るときらなきゃならんのですか!それは怖い・・。うちが入れたビーズはマカロニみたいに、真ん中に穴があいてたやつだけど、ま、一生ビーズ鼻に入れて暮らすワケにもいかんしね。
とれてよかったです。毎日危険がいっぱいです。ふ~。

Posted by: 森のくじら | June 21, 2005 10:31 AM

ウチの妹も、小さいときにイロイロやらかしました。
発泡スチロールのカケラを鼻に突っ込んでしまったこともあります。
丁度、「てっちゃん(当時近所だった男の子の名前)が鼻にビービー弾(玉)入れて取れなくなって病院行ったんだって・・・」という母の話を聞いた矢先の出来事でした。
もちろん母に「さっき話したばっかりなのに!」と怒られつつ、妹も病院へ連行されました。
しかし、病院で見てもらったところ、いつの間にか取れていて、鼻の中には何も無かったそうです・・・。

そんな妹もいまや立派な大人です(笑)。

それと、妹もヒジョーに変な言葉をたくさん使っておりました。

『ちががでた(血が出た)』
『かににさされた(蚊に刺された)』
『じむん(自分)』

未だに格好の話しネタです。

Posted by: あい | June 21, 2005 11:39 AM

鼻はどうやら鬼門ですね。たしかに、鼻や耳は何かを入れてみたくなるのかも知れません(笑)
うちの子も色々変なコトバありますね。
蚊にさされた箇所を見せて、「おとうさん、カニササレ!」と、言います。蚊にさされたことを、「カニササレ」という名詞だと思っているようです。
そういえば、数年?言っていた食べる=ばえる、はある時から急に言わなくなりました。へんてこりんなコトバは楽しいですが、いざというときには意味がわからず困ります。鼻がカタイもほんまに意味わからんかったですから。

Posted by: 森のくじら | June 21, 2005 12:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鼻がカタイ。:

» [観光]
本本(ほん)は、書籍、雑誌等の出版物のこと。狭義では、複数枚の紙が一方の端を綴じられた状態になっているもの。この状態で紙の片面をページという。本を読む場合はページをめくることによって次々と情報を得ることができる。つまり、狭義の本には巻物は含まれない。端から順を追ってしかみられない巻物を伸ばして蛇腹に...... [Read More]

Tracked on June 21, 2005 08:34 PM

« 2004年の個展の写真 | Main | キミの目の向こうには。 »